ノマドワーカーを目指すきっかけになったのはありきたりだけれど
レバレッジシリーズで有名な本田直之氏の「ノマドライフ」





この書籍を見る前からノマドという生き方、働き方については知っていたけれど、この本を読んでからはもう少し現実的に考えるようになっていった。

本の影響も少しはあったけれど、組織で働いていくよりも、フリーランスに近い形で残りの長い人生を過ごしていきたいので具体的に行動することにしてみた。組織で働くこののメリットは十分承知だけど自分がどちらが向いているか、やりたいかを考えたら迷う要素は無かった。