中学生、高校生の時に本当に英語ができなかった。

本当に偏差値で30台をとってしまったことがある。
どっかのビ○ギャルのように超進学校の中の偏差値30台ではない。

be動詞やdoなどの基本動詞の使い方も良くわかっていなかったし
形容詞はアレだよね、えっ副詞って何それ?

という重症レベルだった。


そんな苦い思い出しかなかった訳だが
30歳手前で英語学習をスタートしようと決意したのである。

最初に購入した本は下の本の旧版だった。
理由は10時間という数字に釣られたからである。






日々新しい書籍が発行されている英語の本の中で
特別良い本という訳ではないが、それなりには良い本なので
最初の1冊としては悪くはないチョイスだったと思う。

結局10時間で終わることはなかったし、完璧に理解できないところもあったが
それなりには前進したのであった。


ただし、これから英語学習をはじめようと計画中の人に
そのまえに英語学習について学習することを強くお勧めしたい。
その点については次以降に詳しく書くつもりである。